【パキット】「パキット たらこ」もうレンチンパスタはこれでいいんじゃないか級の美味しさ!

パキット たらこ 001

パスタを折り入れ、ソースごとレンチンするパスタソース「パキット」が発売され、半年ほどが経過しました。“パキッ・チン・ぐるぐる”の3ステップで、パスタの茹でとソースの温めが一度にできてしまうと話題です。

発売時のボロネーゼ、カルボナーラ、ペペロンチーノの3種類に加え、2023年9月に「パキット たらこ」が追加されました。「パキット たらこ」を食べてみたレポートをお届けします!

「パキット たらこ」とは?

「正直、パスタを茹でるのが面倒だった」という声から誕生した「パキット」は、レトルトソースの容器ごとパスタをチンしてしまいます。

パスタの茹で汁に含まれるデンプンの効果を活用し、ソースを乳化させることでパスタとソースがよく絡む濃厚な味わいに仕上げられています。

パスタは1.4mm~1.7mmが使えるだけでなく、早ゆでパスタも使用できるというのも便利です。

そんな「パキット」のシリーズ第2弾として登場したのが、和風パスタで王道人気の“たらこ”です!

「パキット たらこ」食べた感想

「パキット たらこ」を探していたところ、スーパーマーケットでセール品になっており、確か198円とかだったと思います。手軽さ、美味しさから考えると、コスパ抜群と言わざるを得ません。

パキット たらこ 002

裏には“パキッ・チン・ぐるぐる”が上の方に書いてありますね。

手順は次の通りです。容器を開けたら水を160cc入れ、パキッと折ったパスタを入れて揉む。続いて早ゆでパスタなら600Wなら4分30秒のレンチンをして、2分蒸らして、ぐるぐる混ぜれば完成です。

それでは実際に「パキット たらこ」を作ってみます。

パキット たらこ 003

容器を開け、水を160cc入れます。そこにパキッと半分に折ったパスタを入れます。ぼくは1.4mmの早ゆでパスタを使っています。

パキット たらこ 004

フタを閉じて揉んで馴染ませたら電子レンジへ。600Wで4分30秒のレンチンをします。レンチンしたらそのまま2分蒸らし、ぐるぐる混ぜれば完成です。

ちなみにボロネーゼ、カルボナーラ、ペペロンチーノは蒸らし時間がないので、微妙に作り方が違います(代わりにレンチン時間が長い)。

パキット たらこ 005

フタを開けるとけっこう水分が残っているのですが、ぐるぐるすると、パスタとソースが馴染むのでご安心を。写真はぐるぐるした後の、馴染んだ状態です。

パキット たらこ 007

皿に盛り付けしたところです。庭に紫蘇があるかと思ったら、もうシーズンオフでした。残念。あとは海苔でもあれば、ふりかけると良いでしょう。

パキット たらこ 012

たらこのつぶつぶ感がしっかりありますよね。ぐるぐるしているので、ソースもよく絡んでいます。食べてみると、しっかりたらこ味で美味しいです。しかも、パスタの仕上がりもしっかりアルデンテで驚きです。

もう本当に様々な電子レンジを使い、様々なパスタを使い、幾度もテストを繰り返しているのだと思いますが、それにしてもパスタソースごとレンチンするというのが、こんなに上手くいくというのが驚きなのです。

場合によっては、パスタをレンチンしてパスタソースをからめるよりも美味しくできているのでは‥‥という感じすらするんですよね。それだけソースも美味しいものなのだと思いますが。

「パキット たらこ」レビューまとめ

「パキット」はテレビCMも積極的に行っていますが、食べたことがあるという人はまだ多くはないかもしれません。パスタ好きなら、ぜひ一度は食べてみて欲しいですし「レンチンしてパスタが美味しくなるの?」という、レンチンパスタ懐疑派もぜひ試してみてください。

留守番している子供の食事にも「パキット」はお役立ちだと思います。育ち盛りなら2種類くらい食べられちゃうかも!?

洗い物が必要最小限で済むのも良いですし、何しろ美味しいんだもんなぁ。最強ですね!

【パキット】3種食べ比べの記事も書いていますので、ぜひあわせてご覧ください。どれも美味しいのですが、これまではボロネーゼがいちばん美味しいと思っていました。が、ちょっとたらこも良いですねぇ。

ごちそうさま!!!!!!

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/HHKBエバンジェリスト/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数