【松屋】「炙り十勝豚丼」とにかく豚肉が多いから何枚か数えてみた

松屋 炙り十勝豚丼

松屋の「炙り十勝豚丼」を食べました。2024年1月9日発売の、2024年の新商品第1弾です。食べた感想は「とにかく豚肉が多い!」というもので、たっぷり豚肉を食べたい人に特におすすめです。

松屋「炙り十勝豚丼」とは

北海道十勝地方・帯広が発祥と言われる名物料理「豚丼」は、炭火であぶった豚肉に、鰻の蒲焼風の甘辛いたれをかけ、ごはんにのせて作ったのが始まりだそう。

松屋の新商品「炙り十勝豚丼」は、ジューシーに焼き上げた厚切り豚カルビに、程よい甘じょっぱさのタレを鉄板の上で絡め、最後にひと炙りしたという商品になっています。

メニュー構成はオンリーワン。

・炙り十勝豚丼 830円

スマホアプリからのモバイルオーダーで、50円オフの780円でした。

松屋「炙り十勝豚丼」食べた感想

これが「炙り十勝豚丼」です。

松屋 炙り十勝豚丼

味噌汁とのセットです。生野菜はつきませんでした。

松屋 炙り十勝豚丼

第一印象は、事前に見ていた写真の豚丼とは、けっこう色合いが違うな、というものでした。プレスリリースの写真だと、もっと色が濃かったのです。具体的にいうと、茶色で照り照り。

松屋 炙り十勝豚丼

だけど、実際の「炙り十勝豚丼」は、けっこうさっぱりとした色合いです。とても味が濃いのではないかと予想していたので、これは良い意味で予想を裏切られた気分でした。

ただし。発売と同時の10時に注文した、恐らく店舗でのファーストオーダーだと思われるので、もしかすると調理が安定していない、何かミスがある可能性には留意してください。

松屋 炙り十勝豚丼

いやいや、それにしても豚肉の量が多いですよ。厚切り豚カルビがたっぷりです。このボリューム感は、プレスリリースで見ていた通りです。

松屋 炙り十勝豚丼

一般的に想像される「厚切り豚カルビ」よりは薄いかもしれませんが、あくまでも「厚切り」は松屋の当社比ということだと思います。箸でもってもよれないくらいには厚切りです。

食べてみると、見た目通りの味わいです。甘じょっぱいけど、ほどよい感じです。そうそう、このくらいの味の濃さで良いのです。豚カルビはとてもジューシーです。程よい厚みで美味しいです。

松屋 炙り十勝豚丼

とにかく豚カルビの量が多いので、ごっそり箸で掴んで食べてみたりして。たっぷり豚肉を食べられて幸せ。タレと豚の脂のしみしみしたご飯も美味しいです。

実は豚肉の量が多すぎて、ライスマネージメントに失敗し、早々にご飯だけなくなってしまいました。ご飯大盛も無料だったので大盛にしても良かったな‥‥と思いながら豚カルビも食べきったら、十分に満腹になりました。普通盛りで正解でした。

ということで、最後に「炙り十勝豚丼」の厚切り豚カルビの枚数ですが、16枚でした!(個体差はあると思います)

ごちそうさま!!!!!

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/HHKBエバンジェリスト/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数