【パキット】「パキット ジェノベーゼ」ボロネーゼ、カルボナーラ、ペペロンチーノ、たらこに続いてやはり美味しい!

パキット ジェノベーゼ

パスタを折り入れ、ソースごとレンチンするパスタソース「パキット」が発売され、1年が経過しました。“パキッ・チン・ぐるぐる”の3ステップで、パスタの茹でとソースの温めが一度にできてしまう便利アイテムです。

2023年3月発売時のボロネーゼ、カルボナーラ、ペペロンチーノの3種類に、2023年9月に「パキット たらこ」が追加。そしてこの度「パキット ジェノベーゼ」が発売されたので、食べたレポートをお届けします!

「パキット ジェノベーゼ」とは?

「正直、パスタを茹でるのが面倒だった」という声から誕生した「パキット」は、レトルトソースの容器ごとパスタをチンしてしまいます。

パスタの茹で汁に含まれるデンプンの効果を活用し、ソースを乳化させることでパスタとソースがよく絡む濃厚な味わいに仕上げられています。

パスタは1.4mm~1.7mmが使えるだけでなく、早ゆでパスタも使用できるというのも便利です。

パキット ジェノベーゼ

そんな「パキット」のシリーズ第3弾として登場したのが、爽やかなバジルの香りと芳醇なチーズの濃厚な味わいに仕立てた“ジェノベーゼ”です!

「パキット ジェノベーゼ」作り方

「パキット ジェノベーゼ」は2024年3月4日より発売。そろそろスーパーマーケットでも陳列されているのではないかとチェックに行ったら、ありました。

パキット ジェノベーゼ

裏には“パキッ・チン・ぐるぐる”の作り方が上の方に書いてありますね。

手順は次の通りです。

1. 容器を開けたら水を160cc入れる

2. 容器にパキッと折ったパスタを入れて揉む

3. 早ゆでパスタなら600Wなら5分30秒のレンチンで蒸らしなし

4. ぐるぐる混ぜれば完成

パスタをレンチンするための容器すら必要なというのは恐れ入ります。究極の時短手間なし調理です。

「パキット ジェノベーゼ」作ってみる

それでは実際に「パキット ジェノベーゼ」を作ってみます。

パキット ジェノベーゼ

容器を開け、水を160cc入れます。そこにパキッと半分に折ったパスタを入れます。今回は1.6mmのパスタを使いました。

パキット ジェノベーゼ

フタを閉じて揉んで馴染ませたら電子レンジへ。600Wで4分30秒のレンチンをします。レンチンしたらそのまま8分蒸らし、ぐるぐる混ぜれば完成です。

ちなみにボロネーゼ、カルボナーラ、ペペロンチーノは蒸らし時間がなかったり、レンチンの時間が長かったり、ソースによって微妙に作り方が違います。

パキット ジェノベーゼ

フタを開けるとけっこう水分が残っているのですが、ぐるぐるすると、パスタとソースが馴染みます。

パキット ジェノベーゼ

パスタをぐるぐるした後のソースと馴染んだ状態です。どこに水分が消えてしまったのかと思いますよね。

パキット ジェノベーゼ

「パキット ジェノベーゼ」を、皿に盛り付けしたところです。ちゃんと、グリーン系のジェノベーゼカラーをしてますね!

「パキット ジェノベーゼ」食べた感想

パキット ジェノベーゼ

「パキット ジェノベーゼ」を食べると、しっかり美味しいジェノベーゼです。ちゃんとパスタはアルデンテだし、ジェノベーゼソースの味の濃さも抜群に良いです。

毎度のことですが、これが容器ごとソースとレンチンしたパスタには思えない‥‥凄いですよ。

これでボロネーゼ、カルボナーラ、ペペロンチーノ、たらこ、ジェノベーゼと味も5種類になったので、いくつか常備しておくと、手軽にランチを済ませたいといったときの選択肢として、超優秀だと思います。

なんなら皿に盛り付けずに、容器のまま食べちゃったっていいくらいだと思います。ズボラ飯として。そうなったら洗い物はフォークだけ。手軽すぎてヤバい!

ぜひ、5種食べ比べをオススメします!

ごちそうさま!!!!!!

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/HHKBエバンジェリスト/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数