【松屋】驚いた!牛バラ肉をまるごと煮込んだ「松屋ビーフカレー」を食べたら本当に創業ビーフカレーより旨味マシマシのパワーアップを果たしていた!オリジナルカレーは終売へ

松屋ビーフカレー 05000

松屋のオリジナルカレーからバトンタッチするという触れ込みで2019年に発売するも既に終売してしまった「創業ビーフカレー」。それをパワーアップさせたカレーとして2023年1月4日より「松屋ビーフカレー」が発売されました。

牛バラ肉をまるごと煮込み、牛肉の旨味を増してパワーアップ‥‥とのことで期待しつつ食べたら「松屋ビーフカレー」は期待に違わぬ美味しい欧風カレーだったのです! 驚いた!

「松屋ビーフカレー」を食べた感想

「松屋ビーフカレー」は、ビーフカレーをベースに様々なバリエーションがあります。

・松屋ビーフカレー 680円

・オムレツビーフカレー 780円

・ビーフカレギュウ 880円

・ハンバーグビーフカレー 880円

・ハンバーグオムレツビーフカレー 980円

オムレツやハンバーグもかなり魅力的なのですが、ここはベーシックなものを食べておく必要があると考え「松屋ビーフカレー(680円)」を注文しました。

松屋ビーフカレー 05001

「松屋ビーフカレー」には味噌汁がついています。ライスは並盛。ライスの横には茶色の福神漬け。松屋の福神漬けが好きです。

松屋ビーフカレー 05003

牛バラ肉をまるごと煮込んでいるということですが、本当によく煮込まれているようで、肉らしさはほとんどビジュアルからは感じられません。

松屋ビーフカレー 05004

でもカレーをすくうと、確かにそこには牛バラ肉のカケラがあるのが分かります。よく煮込まれています。

松屋ビーフカレー 05005

食べてみると‥‥う、美味い!

肉の旨味やコクがしっかりと感じられる美味しいカレーです。牛バラ肉の脂も溶け込んでいるのでしょう。次から次へとスプーンが走る美味しい欧風カレーなのです。

間違いのない、旨味マシマシのパワーアップしたカレーです。

松屋ビーフカレー 05007

ときおり入ってくる牛バラ肉の記憶。これがまた美味しいんですよ。牛バラ肉ゴロゴロの「松屋ビーフカレー」とか登場してくれないものでしょうか。絶対に食べたいです。

「創業ビーフカレー」のときはここまでの旨味は感じなかった記憶です。だからスパイシーな「オリジナルカレー」に戻りたいと思ったのですが、この「松屋ビーフカレー」は双璧をなす存在になると思いますよ。

このビーフカレーにはオムレツもハンバーグもバッチリ合うと思います。

やはり“松屋はカレー屋”でした。ということを、改めて思い起こさせてくれる「松屋ビーフカレー」でした。

ごちそうさま!!!!!

「オリジナルカレー」は終売

そして、大事なことに気づいてしまいました。「オリジナルカレー」は順次終売となります。

「ごろごろ煮込みチキンカレー」がいつでも食べられると喜んだりもしましたが「創業ビーフカレー」から「松屋ビーフカレー」への継投策だったのですね。

ということで、今後は松屋でカレーといえば「松屋ビーフカレー」が定番商品となります。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/HHKBエバンジェリスト/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数