「シリコンスチーマー」3・2・1分!鶏むね肉の唐揚げをレンチンで作ったらどうなったか?

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04000

Amazonで購入した「シリコンスチーマー(SG-05 tone)」で、待望の鶏の唐揚げを作ってみました!

購入に至った経緯はコチラから、最初に作った鶏むね肉&ブロッコリーはコチラをご覧ください。

「シリコンスチーマー」で鶏の唐揚げを作る

シリコンスチーマー」は蒸したり煮たりだけでなく、唐揚げも作れてしまうということを知り、居ても立っても居られない感じで料理してみました。

唐揚げを油で揚げるのは、やはり手間がかかるので躊躇していたんです。夏は暑いし。それがレンチンで作れるとなれば、超簡単です。

ネットで検索すると3分チンしたら裏返して3分チンとか、最初の3分は蓋をしてチン、残りの3分は蓋を外してチンとか「シリコンスチーマー」で作る鶏の唐揚げといっても様々なチンがありました。

とりあえず今回は、このレシピを参考にしてみました。何が決め手になったかというと、蓋をして3分、鶏肉を裏返して2分、蓋を開けて1分と、3・2・1で覚えやすいと思ったのです。

それでは「シリコンスチーマー」で鶏の唐揚げを作ってみます!

鶏むね肉は食べやすいサイズにカットしました(糖質制限ダイエット中なので鶏むね肉を使用)。火が通りやすいようにやや小さめは意識しています。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04002

唐揚げ用の粉に関しては日清の「いろいろ作れる味付け用ミックス」があったので、とりあえずこれを使ってみることにしました(他にもから揚げ粉は買ってある)。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04004

表と裏にまんべんなく「いろいろ作れる味付け用ミックス」をふりかけて粉をまぶします。けっこうたっぷりめにふりかけたつもりです。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04005

「シリコンスチーマー」に鶏肉を並べていきます。

今回は鶏むね肉で約230gですが、カットしたものを容器に並べたところぴったりくらいだったので、恐らく250gくらいが1回の適量かなと思っていますが、レンチンすると縮むので、検証が必要です。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04006

並べた鶏肉にサラダ油を塗ります。ハケはないのでスプーンで少量の油をかけ、そのままスプーンの背で塗っていきます。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04007

この時に、レシピによって片面だけ塗るパターンと両面に塗るパターンがあった気がして、なんとなく片面だというのが頭に残っていて片面にしてしまいました。

結論からいうと、両面に油を塗っておいたほうが美味しいんではないかと思います。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04008

蓋をして600Wで3分のレンチンです。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04009

蓋を開けると蒸気が出てきます。玉手箱のようです。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04010

おお!?

なんだか唐揚げぽいですね!?

鶏肉を裏返します。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04011

続いて蓋をして2分のレンチンです。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04012

おおお!?

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04013

なんだかこれは唐揚げではありませんか!?

最後に蓋を開けて1分のレンチンです。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04014

鶏肉がパンとか弾けている音が聞こえてきてドキドキしますが、1分はあっという間でした。特に鶏肉大爆発のようなことはありませんでした。最初と比べると、鶏肉はけっこう縮みました。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04015

唐揚げとはどんな料理なのかと言い始めると哲学的な問いにもなりそうですが、これはこれで唐揚げぽい気がします。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04016

けっこう水分も落ちていました。これだけ水分が落ちていると、底は波型で良かったと思います。汚れもきつそうに見えますが、実際にはしばらく水につけておいてから簡単にスポンジで洗えました。

レンチン鶏の唐揚げを食べた感想

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04017

いちおう、それっぽく仕上がったのではないかと思います。ただ、一般的なこんがりした唐揚げとは違い、今回のバージョンはホワイティ強めです。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04020

割ってみると、中にもちゃんと火が通っています。レンチンする時間は、3分・2分・1分でOKでしたね。

肝心の味ですが、いわゆる唐揚げのサクッとかパリッとした感じではありません。鶏むね肉を使っているからか、やっぱり鶏もも肉のようなジュワッとジューシーな感じもありません。

ただ、料理としてはなかなか美味しいのです。唐揚げか? と言われると、ちょっと違う気もします。試食した息子の感想は「焼鳥みたい」というものでした。

なるほど、鶏むね肉の食感、衣がサクッとしていない感じは、確かに焼鳥のようでもあるかもしれません。

シリコンスチーマー レンチン 唐揚げ 04019

揚げてから少し時間が経過したものは、油も落ちたのか、比較的、サクサクとした食感も出てきていました。揚げたてを食べるのではなく、少し油を切って休ませるのがコツかもしれません。

衣の種類・量とか、油の塗り方・量とか、あとはレンチンの時間、蓋のありなしなど、レンチン唐揚げにはまだまだ工夫の余地があります。そもそも鶏もも肉で作るだけで唐揚げ度が増すかもしれませんしね!

でも、初めて作った“シリコンスチーマーレンチン唐揚げ”としては、なかなか上出来なんではないかと思いました。味は美味しいですよ。

いろいろなパターンを試してみようと思います。ごちそうさま!!!!

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/HHKBエバンジェリスト/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数