「TinEye」画像の出典を検索することができる画像検索サービス

2017 08 16 1448

この打ち水をする女性の素晴らしい写真だが昭和29年の撮影でもなく撮影者不明でもなかった。このツイートは良い写真を紹介したが、というまとめで、画像の出典を探す画像検索サービスとして紹介されていたのが「TinEye」です。オンラインのどこに画像が現れたか「Reverse Image Search」とタイトル付けされたサービスとなっています。

以下のように説明されています。

検索精度は時と場合にもよるのかもしれませんが、Google一辺倒ではなく、こういう画像検索サービスがあることも覚えておくと良いかもしれませんね。

ちなみに、Googleとの比較のためによく見かける画像で検索してみました。

2017 08 16 1448 1

画像のドラッグ&ドロップではなく、画像のURLからも検索することができます。完全に一致するものが検索結果として表示されているようです。

続いてGoogleの画像検索です。こちらは画像のドラッグ&ドロップをしました。

2017 08 16 1451

類似の画像が表示されたのに続いて、一致した画像を含むページが大量に表示されました。

かなり検索結果に違いがあるのですが、きちんと出典を表示してくれているのは「TinEye」でした。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/HHKBエバンジェリスト/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数