Apple、視覚障がい者向けのドア検知や機能や聴覚障がい者向けのライブ書き起こし機能など革新的なアクセシビリティ機能をプレビュー

Apple live preview

Appleが2022年後半に登場予定の、障がいを持つユーザー向けのナビゲーション、健康、コミュニケーションなどの新しいツールとして、視覚障害者向けのドア検知や機能や聴覚障害者向けのライブ書き起こし機能などのアクセシビリティ機能をプレビューしました。

障がいを持つユーザーがApple製品を操作し、最大限に活用するための新しい方法を紹介する革新的なソフトウェア機能です。

ハードウェア、ソフトウェア、機械学習の進歩により、目の不自由な方はiPhoneやiPadを使ったドア検知機能(Door Detection)で、ドアの位置を特定し距離を把握、ドアの属性(開いているか閉じているか、閉じているときに押す、ノブを回す、ハンドルを引くことで開けられるかどうかなど)を説明するのを支援します。

オフィスの部屋番号やバリアフリーマークなど、ドア周辺のサインやシンボルも読み取ることができます。

ドア検知機能は、LiDAR、カメラ、デバイス上の機械学習を組み合わせたもので、LiDAR Scannerを搭載したiPhoneおよびiPadモデルで利用可能です。

他にも、ペアリングされたiPhoneからApple Watchを遠隔操作できるApple Watch Mirroring機能や、iPhone、iPad、Macで聴覚障が者のためのライブキャプション機能(ライブ書き起こし)も実現するとしています。

VoiceOver機能には、ベンガル語、ブルガリア語、カタロニア語、ウクライナ語、ベトナム語を含む20以上の新しい地域と言語のサポートが追加されます。

プレスレレース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/HHKBエバンジェリスト/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数